“ぱっつん前髪ボブ”は、どうして流行っているのか?

久しぶりに「トレンドヘア」と胸を張って言える髪型が流行しています。
それが、“ぱっつん前髪ボブ”です。
職業柄、雑誌でヘアスタイルの特集ページを担当することも多いのですが、ここ最近、リアルに流行っているヘアを探すのが難しくなりました。
昔は芸能人やモデルの○○ヘアにしたい!というわかりやすい切り口がありましたが、今は個性の時代。○○さんの真似ではなく、自分に似合っているかどうか、自分がしたい髪型なのかどうか、ということを軸に髪型を考えているように思います。

そんな時代の流れを受けつつも、「ぱっつん前髪ボブ」をしている女性をよくみかけませんか?
芸能人でもこの髪型をされている方が多く、ブルゾンちえみさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、水原希子さん、広瀬すずさんもそうですね。

前髪ぱっつんボブを掘り下げてみると、長さ、カットライン、カラーなど、それぞれに違いがあることがわかります。たとえば、ブルゾンちえみさんは、やや前下がりのボブで襟足を若干内巻きにカールしていて、カラーは完璧なブラックのツヤ髪。これは、80年代に流行ったボブで、クール&セクシー、強い女性をイメージしています。一方、きゃりーぱみゅぱみゅさんは、あご下10センチのやや長めのボブで切りっぱなし、ハイトーンのカラーをいれています。きゃりーさんに似合うとても可愛らしいキュートな印象ですね。

つまり、ぱっつん前髪ボブは、個性をだしやすいヘアスタイルです。自分がどんな女性に見られたいのか(他者からどう見られたいのか)が、とても明確です。
さきほどお話したように、今は○○さんの髪型を真似するのではなく、自分を主張するヘアスタイルをみなさん探しています。
そんな時代だからこそ、個性がおもいっきり表現できるぱっつん前髪ボブが流行っているんだと思います。

back

ちなみに、私はショートカットなのでボブにはできません。
でも、もし今長さがある程度あるのなら、日本人形のようなツヤツヤの黒髪にしてみたいですね!