パサつき、褪色は紫外線が原因?!

5月になると、日によっては夏日になるなど気温も上昇してすっかり夏のような日差しを感じますね。太陽もさんさんと輝いてテンションもあがりますが、その一方で気になるのが紫外線です。 スキンケアは日焼け止めをきちんと塗って対処している方も多いかと思いますが、髪に対してのUVケアはいかがですか? そこで、今回は紫外線による髪のダメージについて、お話します。 紫外線は1年中降り注いでいますが、3月から少しずつ上昇して5月になると夏とほとんど変わらないほど紫外線量が多くなります。“まだ5月だから、紫外線はそれほど高くないはず~”なんて気を抜いていると、肌も髪もダメージが加速します。 髪に紫外線を浴びると、髪の強さを保つ上で欠かせない「シスチン結合」という組織が壊れてしまいます。その結果、髪のうるおいを保つキューティクルがはがれやすくなり、髪を触るとごわごわしていたり、パサパサしていたりと扱いづらくなります。キューティクルはウロコのような形をしていますが、その隙間から髪の内部に紫外線が入り込んでしまいます。 そして、紫外線によって髪が褪色するというトラブルも起こります。いちばんの原因は、紫外線によってメラニン色素が壊れてしまうから。髪の表面を覆っているキューティクルが剥がれると、髪の内部にあるメラニン色素が紫外線によって分解され、メラニンの色素が減少してしまいます。これによって髪の色が褪せてしまうのですね。 私はカラーリングを通年しているのですが、個人的な実感として、夏はカラーリングの持ちが確かに悪いような気がしています。やはり紫外線の影響を受けてしまっているのでしょう。 そしてもう一つ。紫外線や強い日差しを受けることで、頭皮に相当なダメージを与えてしまいます。頭皮は髪の毛が生える土壌ですから、紫外線の影響によって、いい髪の毛が育たなくなる可能性もあります。 このように、紫外線は髪にも頭皮にもダメージを与えますから、肌と同じようにガードすることが必要です。 次回は、紫外線から髪と頭皮を守る具体的な方法をご紹介しますね!